拡大する写真・図版ポストトランプ 世界の視線

[PR]

機動特派員・武石英史郎

 米国のバイデン新政権の誕生に、インドは興奮に包まれている。

 副大統領となるカマラ・ハリス上院議員の母親がインド南部の出身だから、というだけではない。次期大統領のジョー・バイデン氏もインドにルーツがあるのでは、と現地メディアがこぞって報じている。

 バイデン氏とインドとの縁について、最初に明かしたのは本人だった。2013年、オバマ政権の副大統領としてインドを訪問し、商都ムンバイの証券取引所で演説した。当時の報道によると、バイデン氏は用意された原稿からそれてこう言ったという。

 「1972年に29歳で上院議員に初当選した後、ムンバイに住む『バイデン』という姓の男性から手紙をもらった。『私たちは親戚だ』と書かれていた。もし本当なら、私はインドで選挙に出馬していたのに」

拡大する写真・図版インド西部ムンバイの道端で8日、勝利が確実となったバイデン米次期大統領とハリス次期副大統領の肖像画を書く男性=ロイター

 その時は半分冗談として受け止められたが、2年後の15年、ワシントンでの会合で再びこの話題を持ち出した。「祖父の前の前の前の前の前の祖先」がイギリス東インド会社の船長で、後にインドに定住した人物だと分かったと発言。かつて手紙を送ってきた男性もその子孫だと語った。

「共通の祖先」はジョン・バイデン?

 バイデン一族の意外なファミリーヒストリーはその後、話題に上らなかったが、本人が超大国の大統領になることが決まると、インドメディアは競って報じ始めた。英字紙タイムズ・オブ・インディアは、バイデン氏に手紙を書いた男性を捜し出した。

 インド中部のナグプールで女学…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら