悩んだ法務教官 「少年から聞いたクスリ」に溺れるまで

有料会員記事

村上友里
[PR]

 少年院の法務教官が、官舎で大麻を栽培し、合成麻薬を所持した。薬物依存に苦しむ少年たちの指導に情熱を持っていた男は、なぜ自ら薬物におぼれてしまったのか。

きょうも傍聴席にいます。

事件は世相を映します。傍聴席から「今」を見つめます。

 11月9日、名古屋地裁。瀬戸少年院(愛知県瀬戸市)の元法務教官(32)は、黒いスーツ姿でまっすぐに前を向き、法廷に立った。大麻取締法違反罪などの起訴内容をすべて認め、この日が判決だった。

 判決によると、少年院の敷地内にある官舎の自室で大麻草1株を栽培したほか、合成麻薬MDMAを所持し、覚醒剤の原料を製造目的で保管した。

 公判で明らかになった動機は…

この記事は有料会員記事です。残り2302文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

きょうも傍聴席にいます。

きょうも傍聴席にいます。

事件は世相を映します。傍聴席から「今」を見つめます。2017年9月~20年11月に配信された30本を収録した単行本「ひとりぼっちが怖かった」(幻冬舎)が刊行されました。[記事一覧へ]