写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

【朝日新聞ポッドキャスト】子どもへの性暴力③

 子どもへの性暴力と聞いて、女の子だけを思い浮かべていませんか。男の子への被害も決して少なくありません。でも、その実態はつかめていません。被害者が男性の場合、被害を訴えるのは意気地がない、なぜやり返さなかったんだと弱虫扱いされる、といった意識が社会に根強いからです。

 被害に向き合い、声を上げた男性の姿を通じ、女性とはまた違う問題点について大久保真紀編集委員が話します。朝日新聞ポッドキャストでお聞き下さい。主な内容は以下の通りです。

・権威を悪用したマインドコントロール

・両親不在のさみしさにつけこまれ

・消した記憶、20年後のフラッシュバック

・なぜ教会で性的虐待が起きるのか

注意書き
音声の主な内容をテキストでも確認していただけます(音声の内容をそのまま書き起こしたものではありません)

     ◇

Q:今回取り上げるのは、竹中勝美さんのケースです。どんな方ですか。

A:20年以上の付き合いになります。私は児童虐待の問題も取材を続けていますが、その中で竹中さんと出会いました。竹中さんは児童養護施設の出身で、施設内の虐待や性暴力を許さないという活動をしています。

 最初は、彼が性暴力被害の当事…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。