泣きそうな乗客に「どしたんね」 タクシー運転手の機転

有料会員記事

三宅梨紗子
[PR]

 「走り始めて50メートルほどでおかしいと思った」。タクシー運転手が気づいた乗客の違和感が、特殊詐欺の未然防止につながった。広島県警安佐南署は18日、運転手の男性に感謝状を手渡した。

 先月12日午後1時半ごろ、広島市中区の福助タクシー本社に50代女性から「自宅に来てください」と電話があった。運転手歴約10年の升田広略(こうりゃく)さん(71)が、待機していた下祇園駅から女性宅へ向かった。

 「一番近い銀行へお願いします」と落ち着きがなく焦っている様子だった女性に「どしたんね」と問うと、「30万円おろさないと」。銀行で現金を引き出してコンビニで支払いをしようとしていたという。

 升田さんと署によると、女性…

この記事は有料会員記事です。残り469文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら