[PR]

 千葉市は、小学4年生への尿検査で受動喫煙の状況を調べたところ、基準値を上回った児童の94%に喫煙する同居者がいることがわかった、と発表した。家族らの喫煙と子どもの受動喫煙の関係が改めて明らかになり、市は受動喫煙防止を訴えている。

 調査は昨年10~12月、同市若葉区の市立小4年生全1033人と保護者を対象に行った。同意が得られた児童757人の尿検査では、ニコチンが体内で分解されてできる「コチニン」の量を測定した。

 この結果、77人の尿中コチニン値が、市が「受動喫煙の注意喚起が必要」と設定した基準値(1ミリリットルあたり5ナノグラム)を上回り、うち72人に同居家族に喫煙者がいた。

 各家庭には個別の結果のほか、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら