[PR]

 米アップルは18日朝(日本時間18日夜)、同社のアプリ配信サービス「アップストア」での中小企業向けの有料課金の手数料について、来年初めから通常の半額にあたる15%に引き下げると発表した。3割の手数料は「高すぎる」との批判が強く、中小企業に限って譲歩した形だ。ただ、大企業向けは、これまで通り3割の手数料を維持する。

 アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は18日の声明で、「小規模企業は、世界経済のバックボーンだ」として、中小企業向けの優遇策を導入することを明らかにした。

 来年1月1日に始めるアップストアの小規模企業向けプログラムでは、ソフト開発企業のアプリの売り上げが年間100万ドル(約1億400万円)以下の場合、通常は3割としている有料課金の際の手数料を、15%に引き下げる。

 iPhoneなどのアップルの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら