[PR]

 神奈川県の医療危機対策統括官として新型コロナウイルス対策を担う阿南英明・藤沢市民病院副院長が17日、藤沢市のまちづくり組織のウェブ会議で講演し、「県内では第2波は収束しなかった。そこに第3波が上乗せした形だ」と述べて、県内でコロナ感染者が急増していることへの危機感を示した。

 阿南氏はDMAT(災害派遣医療チーム)の県の調整本部長として、クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の患者搬送の調整を担い、その経験をもとに県独自の新たな医療提供体制「神奈川モデル」を構築するのに尽力した。

 こうした経験をもとに、県内のコロナ対策について「第1波、第2波はコントロールできた。第3波をこの態勢で乗り切れるのかどうか。それがこわいぐらいの増え方を今している。今までにない増え方なので、少し先を読んだ態勢を構築したい」と話した。(秦忠弘)