[PR]

 中国の全国人民代表大会(全人代)常務委員会が香港政府に議員の資格取り消し権限を与える決定をしたことについて、諜報(ちょうほう)機関の情報を提供しあう英語圏5カ国「ファイブ・アイズ」(米、英、豪、カナダ、ニュージーランド)の外相が19日、共同声明で「深い懸念」を表明した。

 5カ国の外相は声明で、今回の決定について「香港国家安全維持法の施行と9月の立法会選挙の延期に続いて、香港の高度な自治と権利と自由をさらに損なうものだ」「(香港の自治を認めた)中英共同声明に基づく国際的な義務に明確に違反する」などと非難した。メディアへの弾圧などとともに当局に批判的な声を沈黙させる中国のキャンペーンの一環だと指摘し、剝奪(はくだつ)された民主派議員の資格を回復するよう求めた。(ロンドン=下司佳代子)