[PR]

 19日午前0時10分ごろ、神戸市西区春日台7丁目の高齢者施設(6階建て)の敷地内で、近くに住む小学5年の男児(11)が倒れているのを、兵庫県警の警察官が見つけた。男児は搬送先の病院で死亡が確認された。県警は男児が施設の屋上から飛び降りたとみて調べている。

 神戸西署によると、男児は18日午後2時半ごろ小学校を下校。母親が午後7時ごろ仕事から帰宅した際、男児は家にいなかったが習い事に行っていると思ったという。夜になっても帰宅しないため、父親が同10時半ごろ同署に捜索願を出した。

 施設では、男児が同日夕、非常階段を1人で上る姿が防犯カメラに映っており、屋上の柵にはよじ登った跡が残っていたという。

 神戸市教育委員会によると、学校や家庭でのトラブルは現時点で把握していないという。