[PR]

 サッカー日本代表のパナマ戦(13日、1―0)とメキシコ戦(17日、0―2)では、現状でのチーム作りに限界を感じました。

 パナマ戦では相手の守備戦術に、日本が封じ込められた印象です。前半は三好康児、久保建英、南野拓実の前線3人にあまりいいボールが入りませんでした。

 後半からボランチに遠藤航が入ったことで、流れが変わりました。遠藤のポジション取りは的確で、前線に質の高いパスを送り込んでいました。唯一の得点となったPKも遠藤からのパスが起点でした。

 試合全体を通して、日本の戦い…

この記事は有料会員記事です。残り1008文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1008文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1008文字有料会員になると続きをお読みいただけます。