[PR]

 11月22日の「いい夫婦の日」にちなみ、埼玉県秩父市のレンタル衣装店「ふじや衣裳」は同日から、還暦の女性を対象に、ドレスと着物をそれぞれ着て記念撮影してもらう新たなプランを始める。「赤いちゃんちゃんこを着て記念日を祝う」という定番が数年前から敬遠されているといい、新たな企画を打ち出した。

 同店によると、ちゃんちゃんこのレンタルは数年前から減っている。60歳はまだ若いというイメージが強く、長寿のお祝いとは、ずれが出ているという。客から「赤いちゃんちゃんこは恥ずかしい」という声も寄せられるようになったという。

 今回の企画は「新・還暦ドレス&着物フォトプラン」と名付けた。婚礼衣装用のドレス100種類と着物50種類の中から、1着ずつ選んでもらい、衣装に合わせて本人が希望するヘアメイクをする。髪飾りやブーケ、アクセサリーも付けて撮影する。3時間ほどかかるが、ファッションショーのモデルになったような気分が味わえる。

 料金は税別で3万9800円から。木崎祐子代表は「新しい還暦祝いの形を提案したい」と話している。問い合わせは、同店(0494・23・3456)へ。(原裕司)