[PR]

 人工知能(AI)を使う「ディープフェイク」の手法でアダルトビデオ(AV)の出演者の顔を芸能人とすり替えた動画のURLをウェブ上に掲載し、芸能人の名誉を傷つけたとして、警視庁と千葉県警はサイトを管理する男3人を名誉毀損(きそん)容疑で逮捕し、19日発表した。3人が管理した計3サイトでは、延べ215人分のこうした動画が視聴できるようになっていたという。

 ディープフェイクをめぐっては、両警察が9月、作製者の男2人を同容疑などで逮捕した。両警察は動画を公開するサイトがあったために不特定多数の人が視聴したと判断した。捜査幹部は「作ることも拡散することも許されない。摘発を続けて被害を防ぎたい」としている。

 逮捕されたのは会社員(46)=東京都港区=、会社員(33)=東京都世田谷区=、ホテル従業員(23)=横浜市港北区=の3容疑者。港区の男は「芸能人ではないとの記載があるので名誉は毀損していません」と否認し、ほかの2人は認めているという。

 警視庁保安課によると、3人は昨年12月~今年9月の間、それぞれが管理するAVのまとめサイトに女性芸能人が性交しているように改変された動画を視聴できるURLを掲載。不特定多数の人が閲覧できる状態にして名誉を毀損した疑いがある。氏名がわかるようなタイトルなどを記載していた。港区の男はサイトで広告収入を50万円以上、横浜市の男は100万円以上得ていたという。

裸の女性に自分の顔…中学生も被害

 「違法に作製された動画について、SNS上ではあたかも本物であるような書き込みやタレント本人への攻撃、誹謗中傷等が散見されます。SNSが便利で人生を豊かにするツールであって欲しいと願います」

 警視庁がディープフェイクの作…

この記事は有料会員記事です。残り575文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り575文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り575文字有料会員になると続きをお読みいただけます。