[PR]

 職場の仲間が新型コロナウイルスに感染したとき、周囲はどんな点に気をつければよいのか。感染者の職場復帰が増えるなか、不適切な責任追及や差別と偏見をあおるような対応も報告されている。適切な接し方について、専門家にアドバイスを聞いた。

拡大する写真・図版マスク姿で職場へ向かう通勤客ら=2020年10月29日、東京都港区、遠藤啓生撮影

実名が全社員メールで

 「大変残念ですが、社員の中に感染者が出ました」

 都内の企業に勤める女性はこの夏、職場から届いた一斉メールに目を疑った。コロナに感染したとされる社員の名前と部署名まで書かれ、数百人いる全社員に送られていた。

 女性は取材に、「自分も感染したら、名前を全社にさらされるのかと思う。怖いです」と話した。「全社員に名前を発表することが感染拡大を防ぐために必要とは思えない」

 メールにあった「残念」という言葉にも違和感を覚えた。「今後も感染者は出る可能性があるし、会社に『感染=残念』と決めつけるような言葉を使われたくない。必要な事実だけを淡々と伝えるべきだと思う」。ただ、勤務は大半が在宅になり、メールに感じたことを同僚と話す機会はないという。

「始末書を書け」上司は言った

 コロナ感染をめぐるこうした事例は、様々な職場で起きているとみられる。

 「娘が新型コロナにかかったた…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら