拡大する写真・図版ポストトランプ 世界の視線

[PR]

エルサレム支局長・高野遼

 「バイデン政権になったら、パレスチナの状況は好転すると思いますか」。11月3日にあった米大統領選の投開票日以来、パレスチナの人々にそんな質問を何度もぶつけてきた。

 「トランプ時代よりはマシになるだろう」と願望を込めて答えてくれる人もいるが、決して表情は明るくない。

 むしろ、吐き捨てるように「どうせ変わらないさ。米国になんて期待していない」とつぶやく一言の方が心に刺さるものがあった。おそらく、それがパレスチナの置かれた現状を正しく示しているのだろうと思えたからだ。

一線を踏み越えたトランプ政権

 「暗黒の時代」。トランプ政権の4年間は、パレスチナにとってみれば、そう表現できる。

 イスラエルとパレスチナが互い…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら