[PR]

 愛知県は19日、県内で新たに219人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日あたりの新規感染者が200人を超えるのは初めてで過去最多。大村秀章知事は記者会見で、県独自の警戒レベルを、4段階のうち上から3番目だった「警戒(イエローゾーン)」から、1段上の「厳重警戒(オレンジゾーン)」に引き上げると発表した。

 219人のうち名古屋市が116人でこれも過去最多。これまでは7月31日の199人が最多だった。

 警戒レベルの引き上げにより、県は改めて感染防止対策の徹底を周知する。少人数やマスク着用での会話といった会食での感染リスクを下げること、年末年始の帰省や旅行は分散して行うこと、東京都など感染が拡大している都市域への移動は自覚を持って適切な行動をすることなどを呼びかけた。

 大村知事は「大変厳しい状況。入院患者数などの日々の指標や本日の過去最多の人数を踏まえ、3連休の前にメッセージを出させていただいた」と述べた。