[PR]

 原付きバイクで自転車に対してあおり運転をしたとして、福岡県警は19日、北九州市小倉北区の看護師の女(43)を道路交通法違反(妨害運転)の疑いで福岡地検小倉支部に書類送検し、発表した。女は「頭に血が上った」と容疑を認めているという。

 小倉北署によると、女は8月24日午後6時前、小倉北区中津口2丁目の市道でバイクを運転中、歩道に進入し、同区の飲食業男性(50)が乗る自転車に対し何度も警笛を鳴らしたり、急接近したりして走行を妨げた疑いがある。あおり運転は約100メートル続き、バイクが男性の左足に接触したが、けがはなかった。

 この直前、女は近くのコンビニエンスストアの駐車場前で男性の自転車と接触しかけ、口論となっていたという。防犯カメラの映像などから女のバイクを特定し、あおり運転にあたると判断した。(加治隼人)