[PR]

 十和田湖と奥入瀬渓流の世界遺産登録をめざして、青森県十和田市の十和田湖国立公園協会、NPO法人十和田奥入瀬郷づくり大学、地元漁協、商工会などの民間団体が19日、研究会を発足させた。この日市内で開かれた発足会には、県世界文化遺産登録推進室、環境省十和田八幡平国立公園管理事務所、十和田市の関係者もオブザーバーとして参加。連携しながら、登録に向けて地元の機運を高めていくという。

 発足したのは「十和田湖・奥入瀬世界遺産登録推進研究会議」。地域おこしに取り組んでいる郷づくり大学が関係者に声をかけ、実現した。

 この時期に発足させた理由について、県が推進している「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録が視野に入ってきたこと、奥入瀬渓流保護のため計画されていたトンネル工事が順調に進んでおり、マイカーの通行規制が可能となることなどから、十和田湖・奥入瀬渓流周辺の関係団体が共通認識を持つことが必要だと判断したと説明している。

 発足会には、十和田市の民間団体のほか、地元町内会、秋田県の十和田湖休平自治会なども出席。世界遺産は歴史的に価値のある遺跡や建物などの「文化遺産」、美しい景観に加え生態系、地質、地形などの「自然遺産」、両方をかねそなえた「複合遺産」に分けられ、道路が整備されるなど観光化が進んでいる十和田湖・奥入瀬渓流は「自然遺産」には厳しいとみて、今後会合を重ねながら課題の解決方法を模索していくという。

 研究会議の副会長となった十和田湖国立公園協会の宮信副理事長は「世界遺産登録というのは、私たちの世代では難しいかもしれませんが、次の世代にしっかりバトンタッチできるようにがんばりたい」と話した。(横山蔵利)

関連ニュース