写真・図版

[PR]

 3メガバンクやJR東日本、NTTグループなど30以上の企業や団体が、民間主導でデジタル通貨の共通基盤作りを始める。来年にも本格的な開発と実証実験に入る。実用化すれば、デジタル通貨を使って既存の電子マネー同士が相互運用できるようになるという。

 IT企業インターネットイニシアティブ(IIJ)の関連会社「ディーカレット」が事務局を務めるデジタル通貨の勉強会が19日発表した。イオン、関西電力、野村ホールディングスなども参加している。

 現在はJR東の電子マネーSuica(スイカ)、みずほ銀のJコインペイ、IT・通信系企業のQRコードなどの決済サービスが乱立している。ただ、相互に使えないために不便さもある。

 このプロジェクトは、異なる電…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。