[PR]

 福岡市南区のうなぎ料理店で女児2人を人質に立てこもるなどしたとして、逮捕監禁致傷などの罪に問われた元従業員、渡辺祐樹被告(36)=同区=の判決公判が20日、福岡地裁であった。神原浩裁判長は「卑劣な行為」として懲役7年(求刑懲役8年)を言い渡した。

 判決によると、渡辺被告は4月21日朝、店の入り口付近で店長を殴って建物内に侵入。3階の居宅部分で店長の6歳と3歳の娘2人に包丁を突きつけて店長を連れてくるよう要求し、約6時間立てこもった。6歳の娘は包丁に触れて手指などに傷を負った。

 神原裁判長は、渡辺被告がこの店に勤務していたころから店長に対する不満を募らせ、店に押しかけたと指摘。「長時間人質となることを強いられた女児2人の恐怖や精神的被害は甚大」とした。