[PR]

 トヨタ自動車は、技術系社員の新卒採用について、大学の学校推薦を廃止し、自由応募にする。2022年春以降に卒業、修了予定の理系の大学生、大学院生が対象。あらゆる移動サービスを手がける「モビリティーカンパニー」への変革を進めるなか、多様な分野の学生を採用する狙い。

 トヨタは今月、全国の大学に、推薦廃止の方針を伝えた。事務系と同様に技術系も自由応募になる。20年4月にトヨタに入社した約1200人中、約400人が大卒と院修了の技術系で、多くは学校の推薦を受けて入社した。推薦は、自動車の生産や開発に関連する工学系や電気系などの人材獲得には効果的だった。

 しかし、自動車業界は、自動運転などの次世代技術や新サービスの開発が急速に進み、ソフトウェアや人工知能といった自動車関連以外の分野の人材の獲得が必要になっている。自由応募によって、こうした新領域を担う多様な人材の採用をめざす考えだ。(千葉卓朗)