[PR]

 音楽評論家・作詞家として知られる湯川れい子さん。動物愛護活動にも精力的に取り組み、2001年からは文化、芸術分野の著名人で作るボランティア集団「エンジン01文化戦略会議」の動物愛護委員会委員長として、署名活動や政策提言を続けています。近況や活動について聞きました。

「飼いとげよう」 川島なお美さんの遺志継いで発信

 ――ご自身も保護猫を飼っているそうですね。

 はい。もう今は1匹だけ。17年ほど前に四谷の中学校近くで保護した「レオン」という猫で、昔はふかふかの長毛だったのですが、今は老猫になり、ずいぶんやせてしまいました。元気にご飯は食べてくれますが、トイレの世話など、だんだん手間がかかるようになっていますね。

 ――高齢になったペットの世話が負担になり、捨ててしまう人もいると聞きます。

 地域の保護活動の内容を聞いていると、高齢の犬や猫が保護されるケースは多いです。老猫や老犬の場合、なんらかの病気を抱えていることが多く、獣医師にみてもらう費用もかかります。このため、保護した後ももらい手がほとんどいません。そうした犬や猫を支えているのは、地域の保護団体・ボランティアの人たちです。

 不妊・去勢手術や予防接種などの、動物保護活動に必要な資金繰りが、多くの団体の課題です。独自に助成金を設けている自治体もありますが、それでも足りないのが実情で、企業や団体、個人からの寄付が必要です。私も微力ながら、16年ほど前に地域のボランティアを支援するための「虹猫基金」を始めました。年に2回、自宅のガレージでバザーを開き、知人から届いた服やバッグ、子ども服などを売った収益を寄付しています。

 ――エンジン01では、飼い主に「飼いとげよう」というメッセージを発信していますね。

 エンジン01が掲げている目標の一つが、殺処分をなるべく減らしていくことです。しかし、飼育放棄された動物を行政が飼い続けることは、現状では資金や施設に限界があってできません。ゼロに近づけていくために、まずは飼い主に責任を持って飼い遂げてもらうよう呼びかけようと、このメッセージを最初に発信したのはメンバーだった故・川島なお美さんでした。私たちは、川島さんの遺志を継いで発信しています。

 一方で、飼い主の高齢化に伴い、飼い遂げようと思っていても難しいケースもあります。ご本人が突然体調を崩して入院をしてしまったり、亡くなってしまったり。ご自身の体調不良などで、ペットの世話が出来なくなる人もいます。今の日本には、そうしたペットたちの行き場が用意されていない。これも課題だと思っています。

 ――どのような解決方法があるのでしょうか?

 ドイツの事例が参考になります…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。