写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

【朝日新聞ポッドキャスト】子どもへの性暴力⑤

 義父に性交を強いられ、望まない妊娠を4回も繰り返した女性がいます。彼女はいま服役中です。追い詰められ、我が子を手にかけたからです。ですが、事件は彼女が自首することで初めて明るみに出ました。しかも、性暴力については義父は罪に問われていません。

 今もなお、多くの性被害が見過ごされているのでは。法制度に問題はないのか。文通をしながら取材を続けてきた大久保真紀編集委員が語ります。朝日新聞ポッドキャストでお聞きください。主な内容は以下の通りです。

・「お母さんがつかんだ幸せを壊すのか」

・全面否認に転じた加害者の義父

・彼女に会いたい、居場所がわからない

・暴行や脅迫がないと、罪ではない?

音声の主な内容をテキストでも確認していただけます(音声の内容をそのまま書き起こしたものではありません)

     ◇

Q:この女性は、今も服役中なんですね。

A:はい。刑務所にいます。彼女は30代半ば。小さい時に母親が離婚をして新たに結婚し、義父ができました。その義父から性暴力を受けてきた。1回だけではありません。何回も、何回もです。

 義父はアダルトビデオをいっぱい持っていた。中学生の時、興味本位で見ていたところを見つかり、「なんだおまえ興味あるんか」と性交をさせられました。

 「やめて」と言ったのだけれど、「おまえ、せっかくお母さんがつかんだ幸せを壊すのか」などと言われ、拒否できないようにされてしまったんです。

 彼女の母親はネグレクト(育児放棄)で、しかも彼女に暴力を振るってきましたが、それでも彼女は母親のことが好きなんですね。虐待を受けている子どもは大体、どんな親でも親のことは好きです。

 義父からの性暴力は、中1の時から始まり、中3の時に妊娠します。義父に相談すると「あ、そうか」という反応だったそうです。

 義父は流産をさせようとしています。口にするのもはばかられますが、ゴムのようなものを挿入してなんとか流そうとしたようなんですが、できなかった。結局、彼女は自宅の2階で赤ちゃんを産みます。

 その日の朝、彼女は義父のお弁…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【本日23:59まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら