東映グループ会長の岡田裕介(おかだ・ゆうすけ、本名岡田剛〈つよし〉)さんが18日午後10時58分、急性大動脈解離のため東京都内の病院で死去した。71歳だった。葬儀は近親者で営む。後日お別れの会を開く予定。

 1970年、俳優として映画「赤頭巾ちゃん気をつけて」で主演デビュー。「実録三億円事件 時効成立」(75年)などに主演し、76年、岡本喜八監督の「吶喊(とっかん)」では主演とプロデューサーを兼務した。高倉健さんと吉永小百合さんが初共演した「動乱」(80年)などをプロデュースした後、88年に父親の故岡田茂さんが社長だった東映に入社。2002年には東映社長に就任。14年から東映グループの会長を務めていた。

 会社経営の傍ら、企画や製作総指揮として「北の零年」「北の桜守」など吉永さん主演映画に数多く関わった。大手映画4社で作る日本映画製作者連盟会長や、日本アカデミー賞組織委員会名誉会長など映画界の要職も務めていた。

 来年公開予定の東映の新作「いのちの停車場」制作中の吉永さんは、東映を通じてコメントを発表。「信じられないことです。お疲れが溜(た)まっていらしたのですね。これから映画の完成まで、どうぞお力を私達(たち)に与えてください。見守ってください」と悼んだ。