[PR]

 昇任試験の問題案などを職場から盗んだとして、北九州市消防局は20日、門司消防署警防課の男性主査(33)を同日付で懲戒免職にし、窃盗容疑で福岡県警小倉北署に刑事告発したと発表した。

 発表によると、男性主査は市消防局の消防団・市民防災課にいた2018年6月ごろ、試験問題の作成に携わる人事課人事係長の机の引き出しから、試験問題案や人事評価に関する資料を記録したハードディスクを盗み、自分のUSBメモリーに複製したという。

 引き出しは施錠されていたが、わずかな隙間から手を入れて取り出した。18年9月に昇任試験を受け、合格したという。

 今年10月、男性主査から人事の資料を見せられた同僚が人事課員に相談して発覚した。男性主査は事実関係を認め、「昇任したかった。消防局での仕事がきつく、試験に通ることで異動できると思った」と話したという。(布田一樹)