[PR]

 豚を自宅で違法に解体したとして、さいたま地検熊谷支部は20日、と畜場法違反の罪でベトナム国籍の無職チャン・スアン・コン容疑者(29)=埼玉県上里町三町=を起訴し、発表した。チャン容疑者の認否は明らかにしていない。

 起訴状などによると、チャン容疑者は何者かと共謀して8月9~13日ごろ、食用のため自宅アパート浴室で豚1頭を違法に解体したとされる。チャン容疑者は元技能実習生で、県警が同法違反容疑で1日に逮捕。県警の調べに対し、「豚を売るベトナム人のSNSの投稿を見て1万5千円で買い、自分で解体して食べた」と供述。解体には包丁やバーナーを使ったといい、県警は6日、自宅から包丁3本や鍋などを押収していた。

 群馬県内では別の同国籍の男性4人が豚1頭を違法に解体したとして10月に同県警に逮捕されたが、前橋地検が18日に不起訴処分としている。