拡大する写真・図版札幌地裁

[PR]

 「交際相手との関係や遊興を優先し、あまりに無責任というほかない」。昨年6月に札幌市の池田詩梨(ことり)ちゃん(当時2)が死亡した事件で、札幌地裁は20日、保護責任者遺棄致死の罪に問われた母親の池田莉菜被告(22)に懲役9年(求刑懲役14年)を言い渡した。判決は被告の姿勢を厳しく批判。どうすれば小さな命を守れたのか。その答えははっきりとは見えないままだ。(前田健汰、川村さくら、榧場勇太、武田啓亮、磯部征紀)

 判決は、交際相手の藤原一弥被告(26)=傷害と保護責任者遺棄致死の罪で懲役13年の実刑判決、控訴=との共謀を認定。昨年5月15日ごろから詩梨ちゃんに体重を維持するのに必要な食事を与えなかったと判断。同31日ごろには衰弱が進み、藤原被告の暴行による頭などのけがもあり、食事を与えたり治療を受けさせたりする「生存に必要な保護」を与えず、同6月5日に衰弱死させたとした。

 主な争点は詩梨ちゃんの死因だった。検察側は遺体を解剖した医師の見解に基づき、「低栄養による衰弱死」を主張。一方、莉菜被告は「娘は死亡直前も自分で歩き、食事をしていた」と無罪を訴え、弁護側は別の医師2人の見解をもとに「吐いた食べ物をのどに詰まらせたことによる窒息死」と主張した。

判決では被告の責任を厳しく指摘しましたが、「彼女が悪い」で終わらせてはならない、と専門家は言います。若い母親を支える支援のあり方とは――。記事の後半で考えます。

 判決は、死亡後の体温変化など…

この記事は有料会員記事です。残り1644文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1644文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1644文字有料会員になると続きをお読みいただけます。