[PR]

 昨年7月の参院選をめぐり、公職選挙法違反(買収)の罪に問われた参院議員・河井案里被告(47)の被告人質問が20日、東京地裁であった。案里議員は検察側が買収の証拠とみている資料への関与を繰り返し否定し、参院選に関する金の管理は、夫で元法相の衆院議員・克行被告(57)が行っていたと説明した。

 検察側は、家宅捜索で押収した「リスト」について質問。現金提供先や金額が記してあるとされるが、案里議員はその存在について「知らなかった」と主張。「リスト」に書き込まれた文字は克行議員のものだと述べ、そうした状況から作ったのは「主人だろうと思う」と答えた。

 また検察側は、夫妻による現金配布の分担を書いたとされる議員名簿に、案里議員のあだ名とみられる「ぶ」との書き込みが複数あることも指摘。これに対し案里議員は「わかりません」とした一方、「ぶ」と呼ばれる理由を問われると、「ふふふ」と笑いながら「私がぶうぶう文句を言うので」と解説した。

 自民党本部から案里議員側に計…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら