[PR]

 自民党の石破茂元幹事長は20日、東京都内のホテルで政治資金パーティーを開き、講演した。「石破茂は終わったのか」などの報道があると説明したうえで、「誰がなんと言おうと、自分が終わったと思わない限りは終わらない。それを決めるのは自分で、他者ではない」と語った。

 石破氏は9月の自民党総裁選敗北の責任をとる形で10月22日に石破派(水月会、19人)の会長を辞任。次期総裁選への立候補は困難な状況にある。

 講演後、記者団から発言の意図を問われ、「自分が終わったと思ったら終わる。そしたらこんな会やりません。そしたら次の選挙に出ません」と強調。一方、将来の総裁選へ向けた意欲かと問われると、「今そんなことを申し上げる時ではない」と明言を避けた。そのうえで「地方創生にしても憲法にしても、あるいは安全保障の体制にしても、まだまだやれていないことがいっぱいある。やるべきことをきちんとやる」と述べた。

 石破氏は会長辞任の際、自身の…

この記事は有料会員記事です。残り246文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り246文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り246文字有料会員になると続きをお読みいただけます。