[PR]

 大相撲11月場所(東京・国技館)は14日目の21日、優勝への生き残りをかけた大一番がある。1敗の首位貴景勝を1差で追う、小結照ノ富士と「幕尻」志摩ノ海の直接対決。実績では優勝2度の照ノ富士が圧倒しているが、過去の対戦成績をみると――。

 両者が幕内で相まみえるのは初めて。十両時代は2度あり、いずれも志摩ノ海が勝っている。

 2018年の春場所と夏場所。照ノ富士がけがや病気の影響で番付を落としていくさなかだったから、参考にならない。

 だが、負ければ優勝が遠のく取…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら