[PR]

 米製薬大手ファイザーとドイツのバイオ企業ビオンテックは20日、開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、米食品医薬品局(FDA)に、緊急時の使用許可(EUA)を申請した。米国で、新型コロナワクチンのEUA申請は初めて。早ければ12月中旬にも許可が出て、一部で接種が始まる可能性がある。

 ファイザーは、4万3千人以上が参加した最終の臨床試験(治験)で、ワクチンの有効性が95%だったとしている。副反応も倦怠(けんたい)感や頭痛などで、重大な安全性の懸念は報告されていないとしている。

 今後はFDAが外部専門家を交えた諮問委員会の勧告を受けて、許可の判断をする。ファイザーは年内に全世界で5千万回分(2500万人分)を生産できるとしている。米バイオ企業モデルナも、別のワクチンで近くEUAを申請する予定だ。(ワシントン=香取啓介)