[PR]

 国内では絶滅したと考えられていたイラクサ科の小低木「ホソバノキミズ」が、鹿児島県の奄美大島で自生していることがわかった。鹿児島大学総合研究博物館などの研究グループが発見し、機関誌で発表した。同館の田金秀一郎特任助教によると、約100年前に奄美大島と沖縄で採集されて以降、自生の報告はなかったという。

 発表によると、ホソバノキミズは高さ0・5~2メートルの小低木。葉の上半分の縁が、のこぎり歯のようにギザギザ状になっているのが特徴という。ネパールやインド、中国、台湾などに広く分布するが、国内では1887年に沖縄、1910年と24年に奄美大島で採集されたのが最後。環境省レッドリストで、絶滅した28種の植物の一つに分類されている。

 田金特任助教らは、奄美大島で植物の生育状況の調査中だった10月24日、標高約30メートルの常緑樹林内にある沢沿いで見慣れない植物を見つけた。高さ1・5メートルほどで、約2・5メートル四方の範囲に群生していた。一部を採集して持ち帰って調べた結果、ホソバノキミズと確認できたという。

 田金特任助教は「奄美大島は多様で貴重な植物が自生する地域の一つ。今後も珍しい植物が見つかる可能性がある」と話す。奄美大島にホソバノキミズの別の群生地がないか、今回の発見地周辺などを年度内に再調査する予定という。

 今回の調査結果は、鹿児島県自然環境保全協会の会誌「かごしまネイチャー」のオンライン版に11月3日付で掲載されている。(町田正聡)