[PR]

 東京都渋谷区幡ケ谷2丁目のバス停で女性(64)が頭を殴られて死亡した事件で、警視庁は21日、近所に住む男(46)から傷害致死容疑で事情聴取を始めた。容疑が固まり次第、逮捕する方針。捜査関係者への取材でわかった。

 死亡したのは、路上生活をしていたとみられる職業不詳の大林三佐子さん。16日午前5時すぎ、路上で倒れているのを発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。死因は頭を強く打ったことが原因とみられる外傷性くも膜下出血だった。周辺の防犯カメラには、バス停のベンチに座っていた大林さんが、男から物を入れたポリ袋のようなもので1回殴られる様子が映っていた。

 捜査関係者によると、男は21日午前3時ごろ、母親とともに最寄りの交番に出頭し、「私がやりました」などと話した。調べに、「ゴミ拾いなどのボランティアをしていた。バス停に居座る路上生活者にどいてほしかった。こんな大事になるとはおもわなかった」といった趣旨の説明をしているという。