[PR]

 3歳以下の子どもの食物アレルギー症状に関する全国調査の結果を、国立成育医療研究センター(東京都)が19日に発表した。一般的な抗体によるアレルギーとは異なる「消化管型」のアレルギーについて、医療機関に見過ごされている可能性などを指摘している。

 調査は2011~14年、食物アレルギーの有無に関係なく全国約9万3千人の赤ちゃんを対象に、1歳から3歳になるまで毎年保護者にアンケートをとった。アレルギーに関する調査は多くあるが、大規模に同じ集団を連続で調査したものは初めてという。

 一般的な食物アレルギーは、異…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら