[PR]

 将棋の女流タイトル戦の一つ、第28期大山名人杯倉敷藤花(とうか)戦(岡山県倉敷市など主催)三番勝負の第2局が21日、倉敷市で指され、タイトル保持者の里見香奈・倉敷藤花(28)が挑戦者の中井広恵・女流六段(51)に92手で勝ち、シリーズ成績2勝0敗でタイトル防衛を果たした。

 島根県出雲市出身で、鋭い指し手と合わせて「出雲のイナズマ」の異名を持つ里見倉敷藤花は6期連続、通算11期目の倉敷藤花獲得。清麗、女流名人、女流王位と合わせて女流四冠を堅持し、女流タイトルの通算獲得数を42期に伸ばした。

 一方、中井女流六段は今期倉敷…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら