[PR]

 全日本実業団対抗女子駅伝が22日、宮城県松島町から弘進ゴムアスリートパーク仙台までの6区間42・195キロで争われる。今回は東京五輪マラソン女子代表の前田穂南(24)=天満屋=、鈴木亜由子(29)=日本郵政グループ=、一山麻緒(23)=ワコール=が顔をそろえることでも注目度が高い。このうち2人が、最長10・9キロのエース区間・3区で直接対決する。

 レース前日の21日にオンライン会見があり、注目選手が意気込みを語った。3区を任されたのは、前田と一山だ。

 前田は前回大会、3区を走って7人抜きを達成し、チームの4位入賞に貢献した。今季も5000メートルと1万メートルで自己記録を更新するなど好調を維持している。「チームがまとまってきていて、仕上がってきている」と自信を見せた。

 一方、一山は初めて3区を走る…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら