[PR]

 新型コロナウイルスの国内感染者は21日午後10時半現在で、新たに2596人が確認された。4日連続で過去最多を記録。東京や大阪、埼玉、兵庫、千葉、茨城、愛媛の7都府県で過去最多を更新した。大阪で5人、北海道で3人など12人が亡くなった。

 東京都は新たな感染者を539人確認したと発表した。500人を超えたのは3日連続。20代が139人と一番多く、30代が110人、40代が105人、50代が68人と続いた。65歳以上の高齢者は60人だった。人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO(エクモ))を使用とする都基準の重症者数は前日から3人増えて40人だった。

 大阪府では、415人の感染者を確認した。1日あたりの感染者が20日の370人を上回り、3日連続で過去最多を更新した。400人を超えるのは初めて。

 埼玉県では、新たな感染者数が173人となり、これまで最多だった18日の126人を大きく上回って過去最多を記録。発表の内訳は県119人、さいたま市30人、川口市12人、川越市9人、越谷市3人。

 千葉県でも新たな感染者が109人で、19日の106人を上回って過去最多を更新。直近1週間の新規感染者の1日平均が80人を超え、急増傾向にある。

 153人を確認した兵庫県では、5日連続で100人を超えた。これまで最多だった19日の132人を上回った。

 北海道と札幌市などは、感染者が新たに234人確認されたと発表した。道内全体の感染者数は過去最多となった前日の304人は下回ったが、4日連続で200人を超え、高止まりが続いている。

 茨城県(66人)、愛媛県(20人)でも過去最多を更新した。