[PR]

 JR西日本が来年運行を再開する豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」で、乗客に提供される新しい朝食に、山口県の萩特産のケンサキイカ「須佐男命(みこと)いか」や、活ウニを使ったメニューが採用された。提供するのは萩市須佐のレストラン。山口の郷土料理も盛り込み、新たな観光需要の掘り起こしにつながればと、地元は期待している。

     ◇

 瑞風は現在、新型コロナウイルスの影響で運行を休止中。五つの運行コースのうち、来年3月6日から再開する1泊2日の山陰コース(下り)で、萩市のJR須佐駅に停車。JR西日本はこれまで車内で提供していた朝食を初めて、車外の施設を使って提供する。

 選ばれたのは、萩市須佐のレストラン「口福(こうふく)の馳走(ちそう)屋 梅乃葉」。今回の朝食のために新たにメニューを開発し、同店で13日、福島淳也店長らが10品をお披露目した。

 メインは「須佐男命いか」の活イカの刺し身と、地元の活ウニ。いずれも地元産の食材で、鮮度と品質にこだわった。活イカが提供できない場合はイカの一夜干しを、活ウニが提供できない場合は高級魚ノドグロを出す。

 活イカは、地元の純米大吟醸「東洋美人」に浸して炭火であぶって味わうこともできる。福島さんによると、イカに熱を加えることで甘みとうまみが一層強くなるという。

 土鍋で出される炊きたてのご飯は、萩市むつみで無農薬栽培されたコシヒカリを提供する。このほか、山口県の郷土料理けんちょう汁や、同県阿武町産のキウイも提供。サラダには酒かすと地元特産の夏ミカンを使ったフルーツソースを添える。

 福島さんは「瑞風の乗客に提供できるのは光栄。さばき立て、炊き立て、焼き立ての『立て料理』を楽しんでほしい」と話す。

 レストラン梅乃葉の朝食は、山陰コース(下り)の来年6月の出発分まで提供される。7月以降については未定。(林国広)