[PR]

 大相撲11月場所(東京・国技館)は14日目の21日、1敗の貴景勝を追う2敗の2人が激突。小結照ノ富士が「幕尻」の志摩ノ海を破り、今年2度目の優勝に望みをつないだ。

 敗れた方が優勝争いから脱落する一番。照ノ富士の「我慢」が勝利を引き寄せた。

 立ち合い、いきなり右のまわしをとった。ここから無理に攻めない。押し相撲の志摩ノ海は離れようとおっつけを繰り返すが、背中を丸めて距離をとらせなかった。じりじりと土俵際に追い込み、最後は上手をとって寄り切った。

 志摩ノ海の言葉がすべてだ。「…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら