[PR]

 路面電車や鉄道、バスを運行する愛知県豊橋市の豊橋鉄道グループは21日、電車やバスの車庫をめぐるツアーを開いた。ツアーには県内外から鉄道ファンら38人が参加。路面電車の撮影会のために開放された赤岩口車庫を皮切りに鉄道、路線・観光バスの各車庫を回り、乗車体験をするなどして楽しんだ。

 同級生の磯部椋一さんと参加した岩倉市の高校3年生沖田俊介さんは「急カーブやいろんな種類の車両が楽しめるところがいい」。磯部さんも「昔懐かしい気分に浸れる」と路面電車の魅力を話していた。

 例年なら秋の観光シーズンのこの時期、特に観光バスはフル稼働状態で週末の車庫に多くのバスの姿はない。コロナ禍を逆手に、車庫めぐりを思いついたという。企画した小森凱斗さんは「感染対策もして楽しんでもらった。豊鉄の魅力を伝えてくれたら」と語る。(床並浩一)

関連ニュース