[PR]

(21日、日本シリーズ第1戦 ソフトバンク5―1巨人)

 勢いよく、相手エースを打ち砕いた。ソフトバンクの栗原陵矢だ。

 二回、無死一塁で第1打席が回ってきた。3球目、ど真ん中に来たスライダーを逃さない。ひと振りで、右越えに先制2ランだ。

 レギュラーシーズンは107安打、73打点、17本塁打。いずれも、チームでは柳田悠岐に次ぐ数字を残した。それがクライマックスシリーズ(CS)は無安打に終わった。事実上、主力として初めて臨むポストシーズン。「監督からは、やはり普段と違うように見えたと言われた」

 24歳はこの日も、「めちゃくちゃ緊張していた」。ただ、「過去を引きずっても良い結果は出ない。相手もすごい投手。CSの分も、やってやろう」と、臨んだ。

 後押しがあった。負傷でシリー…

この記事は有料会員記事です。残り126文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り126文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り126文字有料会員になると続きをお読みいただけます。