[PR]

(21日、日本シリーズ第1戦 ソフトバンク5―1巨人)

 ソフトバンクの千賀滉大(こうだい)が、菅野智之とのエース対決に完勝した。7回無失点。巨人に決め球のフォークを見極められたが、最速159キロの直球で押し切った。「菅野さんを見て力んだ。本当に、何とか抑えられました」と漏らした。

 巨人打線は徹底してボールになる低めのフォークを捨ててきた。三回は、大城卓三に12球粘られて計29球を投げさせられた。そして山場は2点リードの四回に訪れた。

 坂本勇人、岡本和真に連続四球を与え無死一、二塁。5番丸佳浩にも外角へ変化球を続けて2ボールになった。ここで外角低めいっぱいに154キロの直球を投げ込む。打者優位のカウントで、振って来た丸の打球は遊撃の正面へ。併殺に仕留めて、ピンチの芽を摘んだ。

 六回2死一塁で再び丸を迎え、…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら