[PR]

 東日本高速道路(NEXCO東日本)は22日、東京都調布市東つつじケ丘2丁目の市道が陥没した現場近くの地中に、新たな空洞があることを確認したと発表した。陥没事故後、付近で空洞が見つかったのは2カ所目。同社は21日夜、付近の7世帯の住民に避難を呼びかけた。

 同社によると、新たな空洞は、陥没地点から南側に10~20メートル離れた場所で見つかった。地表から深さ約4メートルの位置にあり、幅約3メートル、長さ約27メートル、高さ(厚み)約4メートル。直下では東京外郭環状道路(外環道)のトンネル工事が進められている。追加のボーリング調査で見つかったという。

 同社は、トンネル工事との関係は不明で、地表面で異常は確認されていないとしている。

 現場では、10月18日に陥没事故が発生。今月3日には、陥没地点から北側に20~50メートルほど離れた場所で空洞が確認されていた。