[PR]

 トランプ米大統領は21日、オンライン形式で開かれた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に出席し、新型コロナウイルス対策のためのワクチン開発や、経済の早期回復に力を入れていることを強調した。ホワイトハウスが声明で明らかにした。

 大統領選で敗北が確実になった後、トランプ氏が国際会議に出席するのは、オンライン形式だったアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に続いて2度目。

 演説では、米国が記録的なスピードでワクチン開発や治療法の開発に積極的に取り組んできたと説明した。トランプ氏はこれまで「米国第一主義」を掲げ、国際協調に背を向けてきたが、声明は「今後の経済成長と繁栄のため、G20で連携していく重要性を再確認した」としている。

 ただ、トランプ氏は会議に出席…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら