[PR]

 銅と亜鉛の合金で出来た真鍮(しんちゅう)箔(はく)を貼り付けた箔押し紙で、装飾品や壁などに本物の金と見まがう輝きをもたらす。独自製法で変色も腐食もしにくく、本金箔(きんぱく)よりも安い。そんな真鍮製の金箔紙で新領域に挑むのが、創業115周年の歴清(れきせい)社(広島市西区)だ。

拡大する写真・図版金箔(きんぱく)紙にかける思いを語る歴清社の久永朋幸社長=2020年10月7日午後2時37分、広島市西区、上田潤撮影

 「空気と水以外なら、どんなものにも箔押しが出来ます」。歴清社の6代目、久永朋幸社長(39)が商談で口にする決めぜりふだ。

 社長就任直後の2016年春、大手電機メーカーと製作したのは、銀箔(ぎんぱく)を貼った冷蔵庫などの生活家電。東京・銀座の商業ビルに展示し、会社のブランド戦略の足がかりにした。

 「銀座だけに、金じゃなくて銀でしょ」。当時を振り返る久永社長だが、コラボは家電にとどまらず、アパレルから生活雑貨に及ぶ。自社で食用金箔のふりかけも販売し、「衣食住それぞれで商品をそろえ、SNSで発信しまくってきた」。

拡大する写真・図版一枚一枚、箔(はく)押しの作業をする歴清社の女性クリエーター=2020年10月7日午後、広島市西区、上田潤撮影

 屛風(びょうぶ)や神社仏閣の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら