[PR]

 両横綱、2大関が不在となった大相撲11月場所で、貴景勝(24)=本名・佐藤貴信、兵庫県芦屋市出身、千賀ノ浦部屋=が22日、2度目の幕内優勝を果たした。「1人大関」として出場力士最高位の重責をまっとうし、幼い頃からの夢に手が届くところまできた。来年1月の初場所で「綱とり」に挑む。

 兵庫県尼崎市の相撲教室「関西奄美相撲連盟」で指導した山口久義会長(72)は、鮮明に覚えている場面があるという。2006年初夏、わんぱく相撲の激励会でのこと。壇上に並んだ子どもたちに将来の夢をたずねると、本格的に相撲を始めてわずか1年、小学4年の貴信少年が言った。

 「日本人の横綱になりたい」

 子どもの無邪気な言葉とは受け…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら