[PR]

 日本女子ラグビーを引っ張ってきたアスリートが、15人制の世界最高峰、英プレミアリーグに挑む。CTB鈴木彩香(31、アルカス熊谷)。来年のワールドカップ(W杯)を見据え、ラグビーの「母国」に成長の場を求めた。

 女子ラグビーと言えば、五輪競技に採用されている7人制の知名度が高いが、世界では15人制も盛んだ。鈴木は小学3年生の時にタグラグビーを始め、「二刀流」で両方に取り組んできた。2016年リオデジャネイロ五輪に7人制代表として出場した後、15人制に活動の軸足を移し、17年の15人制W杯の舞台に立った。

 今回移籍するのは、ロンドンに本拠を置くワスプス。コロナ禍の中、リーグは10月に開幕し、5試合消化時点で3勝2敗と10チーム中4位につけている。

 「試合に出るのは難しい」

 同じポジションにはイングランド代表選手がいて、関係者からそう言われたという。しかし、渡英前に取材に応じた鈴木は前向きだった。

 「自分自身がもう一つ、レベルアップしたい。得るものしかない。リスクなんか、何もありませんよ」

 来年9月にニュージーランド(NZ)で開かれるW杯で、目標の決勝トーナメント進出に近づくための決断だったという。

 挑戦を後押しするきっかけは、ある「お茶」だった。

 今年1月の代表合宿。カナダ出…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら