[PR]

 新型コロナウイルスによる日本の死者が22日、都道府県や国が発表する集計(クルーズ船を含む)で2千人を超えた。国内で初めて死者が確認されたのは2月13日、1千人に達したのは7月20日で、感染者数の拡大に伴い死者の増加ペースが速まっていることになる。11月に入り、1日の死者数の発表が計10人以上となる日が目立っていた。

 22日に発表された死者数は、北海道で3人、東京都、埼玉県、神奈川県、愛知県で各1人。クルーズ船ダイヤモンド・プリンセスを含め、同日午後9時時点で合計2001人となった。

 都道府県別では、東京都479人、大阪府277人、神奈川県185人、北海道149人、埼玉県132人の順に多く、愛知県と福岡県も100人を超えている。これまでに42都道府県で死者が確認された。

 年代別では、70代以上の高齢者が大半を占める。厚生労働省が今月18日時点でまとめた死者1857人を見ると、80代以上が59%、70代が26%で計85%に上った。一方、陽性者のうち死亡した人の割合(致死率)は、1千人に迫った7月15日時点より抑えられている。80代以上は14・8%でマイナス13・5ポイント、70代は6・2%でマイナス8・0ポイント。全体の致死率も1・5%で、2・9ポイント低下した。

 22日に新たに確認された感染者数は、午後9時時点で計2168人。2千人を超えたのは5日連続で、日曜日としてはこれまでで最も多かった。都道府県別では、大阪府が490人で、4日連続で過去最多を記録。東京都は391人、北海道は245人だった。

 朝日新聞の集計では、人口10万人あたりの全国の新規感染者数は21日までの1週間で10・79人と、前週の7・59人から増加しており、感染拡大は全国的な傾向となっている。急増している地域もあり、静岡県は8・73人で前週の2・6倍、茨城県は9・06人で同1・8倍だった。

 全国の数値を上回っているのは7都道府県。北海道(31・10人)、大阪府(22・75人)、東京都(20・26人)、沖縄県(18・79人)の順に多かった。

 新型コロナウイルスの国内の感染者数は、1日の合計が初めて2千人を超えた18日から5日連続で2千人超となった。重症者も増えており、自治体は対応を迫られている。

 新規感染者が490人で4日連続の過去最多となった大阪府。重症者は21日時点で91人で、重症病床(206床)の使用率は44・2%となった。府は、使用率が5割に達した段階で、大阪市内の飲食店に営業時間の短縮を要請するなどの対策強化を検討している。

 東京都は391人が新たに確認され、22日までの1週間平均は422・4人で過去最多となった。「人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO(エクモ))を使用」とする都基準の重症者数は前日と変わらず40人だった。

 愛媛県は過去最多となる23人の感染を確認。従業員計2人の感染が判明し、関係する感染者が計10人となった松山市内のスナックがクラスター(感染者集団)と認定された。北海道旭川市の旭川厚生病院でもクラスターが発生し、28人の感染が確認された。

 47人の感染が確認された茨城県は22日、国の飲食店支援事業「Go To イート」について、プレミアム付き食事券の新規発行を一時停止すると発表した。会見した大井川和彦知事は「感染の増加スピードを考えると、外食する際の注意喚起の意味も含めて、いったんアクセルを踏むのを止める」と停止の理由を述べた。