[PR]

 東京都渋谷区幡ケ谷2丁目のバス停で路上生活をしていたとみられる女性(64)が頭を殴られて死亡した事件で、傷害致死容疑で逮捕された近所の職業不詳吉田和人容疑者(46)=同区笹塚2丁目=が「石を入れた袋で殴った」と供述していることが22日、捜査関係者への取材でわかった。「バス停に居座るのでどくように言ったが応じなかった」とも話しており、警視庁は一方的に不満を募らせたとみている。

 死亡したのは職業不詳の大林三佐子さん。捜査1課によると、深夜から明け方にかけ、事件があったバス停で寝ることがよくあったという。

 捜査関係者によると、吉田容疑者は調べに対し、「自分はゴミ拾いのボランティアをしていた。バス停に居座る女性にどいてほしかった」と供述。事件前日の15日に女性と会話をしたと説明し、「お金をあげるからどいてほしいと言ったが応じてくれなかった」などと話しているという。

 また、吉田容疑者は逮捕後、大…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら