保活の「都市伝説」をファクトチェック 嘆願書は有利?

有料記事

中井なつみ、田渕紫織
[PR]

 保育園を選ぶ「保活」のシーズンになりました。役所に足しげく通ったほうがいい、嘆願書を提出すると有利になる――。保活には、根拠がはっきりしない「都市伝説」がつきまといます。専門家にファクトチェックしてもらいました。

 「いっぱい区役所に行って、窓口で泣いた方がいいですよ」。記者は保活中、先輩ママから言われた。周囲でも取材先でも、申し込み前にひんぱんに役所を訪ねる人はよくいた。

 「役所詣で」とも言われるこうした努力で、本当に入園選考で有利になるのか。

 認可保育園の選考は、親の労働時間や家庭の状況による点数制で、同点の場合の優先順位についても、年収などの基準で厳密に決まっている。複数の自治体の担当者は「機械的に決めていくので、『情』が入る余地はない」と強調する。

記事では、六つの都市伝説をファクトチェックします。

 しかし、実際のところはどう…

この記事は有料記事です。残り2115文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!