[PR]

(22日、日本シリーズ第2戦、ソフトバンク13―2巨人)

 背走する中堅手・丸佳浩の頭上でさらにひと伸びし、らしい打球が越えていった。

 一回1死一塁、ソフトバンクの3番柳田悠岐が4球目のシュートをフルスイング。今シリーズ2試合目で出た初安打が先制点を生み、自ら重圧を解き放った。工藤公康監督は「(打者は)ヒットが何よりもの薬」。

 内野安打と敵失で2点目を奪い…

この記事は有料会員記事です。残り425文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り425文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り425文字有料会員になると続きをお読みいただけます。